【厳選】リクナビ、マイナビだけじゃない!就職サイトのおすすめ3選


2015年卒の夏採用や秋採用などが始まってきていますが、皆さんの就職活動はいかがでしょうか?12月から就職活動を始めてまだ結果が出ていない方も多いと思います。私も12月から就職活動を開始し、つい先日内定を頂いたばかりです。就職活動は自分との闘いともいえるので焦らず取り組みたいですが、みなさん企業をどのように選んでいますか?

リクナビとマイナビしか使っていないという学生も多いのではないでしょうか?日本には約420万社あると言われており、リクナビとマイナビに掲載している企業を単純に足しても2万社程度です。つまり皆さんは多くの企業と出逢えていないのです。そこで今回は、私が活用していたちょっとマイナーな就活サイトをご紹介したいと思います。

 

オファーボックス

この就活サイトは、自分のプロフィールや経歴などを入力することで、企業側からオファーが届き、選考に進むというものです。私は先輩からこのサイトのことを聞き、登録してみましたが、3日後にはオファーが入り、2ヶ月弱で20社以上からオファーを頂くことが出来ました。私自身はオファーを頂いた企業に就職を決めることはありませんでしたが、ベンチャー企業と出逢えたり、一次面接で代表が出てきたりととても魅力的でした。また、オファーされることによって志望業界が広がることもあるので、業界設定に悩んでいる人に特にオススメしたいサイトです。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

これは新卒向けの就活サイトではありません。中途採用やインターン、アルバイトの募集をかけている企業も多くあります。Wantedlyの魅力は良質なベンチャー企業や勢いのある企業と出逢える点です。勤務地や福利厚生を気にして企業を選ぶのではなく、「なぜやるのか」、「どのようにやるのか」、といった想いにフォーカスしています。近年拡大中のベンチャー企業も多くありますので、裁量を持たせてもらえる企業で働きたい!という人は登録してみてはいかがでしょうか。

 

パッションナビ

熱い、ガツガツ、どベンチャーを目指している方にぜひ登録をお奨めしたいサイトです。私は上手く活用しきれませんでしたが、情熱フェスタというイベントに参加して、ベンチャー企業の魅力や、社長の熱さ・想いを直に感じることが出来ました。パッションナビからのメールは一風変わっていて、社長と飲み会が出来る説明会など面白いコンテンツを用意してくれていますので楽しめること間違いなしだと思います。

 

今回のまとめ

今回は私が就職活動で活用してきた就活サイトについてご紹介してきました。「これ使ってみたい!」と思えるサイトはありましたか?

1 オファーボックス 企業からオファーがもらえ、選考に進める!
2 Wantedly 拡大中の企業が多く、想いを大切にしている!
3 パッションナビ 熱い!ベンチャー!ガツガツ!を目指すなら!

リクナビやマイナビはもちろん大切ですし、使うべき就活サイトですが、「この企業しかない!」と呼べる運命の企業に出会えていない方は、これらの就活サイトに登録することをオススメします。