内定した会社のOB訪問で実際に聞いた!先輩への質問集


皆さんは就職活動でOB訪問や先輩面談を行いましたか?就職活動でOB訪問を行ったのは約28%で、そのうち平均4.2人に対して行ったそうです。私はゼミの教授を通じて先輩OBに話を伺ったり、企業を通じて先輩社員の方と面談をして頂きました。面接官には聞けない話や、若手社員の雰囲気・仕事に対する考え方などが分かるので、OB訪問・先輩面談はやっておいて損はないと思います。そこで今回は、私が先輩社員にした質問をご紹介したいと思います。

 

社内の雰囲気はどんな感じなのですか?

体育会系が多いのか、自由な雰囲気なのか、休日も遊ぶほど仲が良いのか等、企業によって雰囲気は異なりますので、「ヒト」を重視したい人は聞いておくべき質問だと思います。

 

何社くらい担当されているのですか?

この質問をすることで会社の忙しさが分かると思います。ただ社員によっても異なりますし、何年目だと○○社くらいということを伺っておけば、入社してからどのようにクライアントが増えていくのか、より裁量を持たせてもらえるようになるのかが分かると思います。

 

仕事での最大の失敗はどのようなものですか?

この質問に加えて、失敗をどう乗り越えたのかを聞くと、先輩社員の物事への取り組み方、姿勢が分かります。大きい失敗をしていても、そこで諦めず成果を出したならば、仕事に対して熱量があり、成長できる風土があると思います。

 

先輩や上司の方からの指導はどのようなものなのですか?

休日でも一緒に出掛けるくらい仲が良いのか、悩み相談をしているほど信頼関係を築いているのか、叱るときは叱ってくれるのかなど、上司からの指導方法は会社によっても個人によっても異なります。ですが、先輩社員が上司からどのような指導を受けているか知ることによって、将来自分自身がどのような指導を受けるのかイメージしやすくなります。

 

どのくらいの裁量を持たせてもらえるのですか?

どの程度仕事を任せてもらえるのかって、実際入社してみなければ分かりませんよね。でも、あらかじめ先輩社員に尋ねておくことでどのくらい仕事を任せてもらえるのか分かることができます。直接的に聞けない場合は、仕事内容を詳細に伺うことで理解できます。

 

将来の夢やビジョンを教えて下さい。

先輩社員がどのような夢・ビジョンを持って働いているのかを知ることは重要です。また、社内で夢やビジョンを共有しているのかも聞いておくと良いと思います。

 

御社に入社することを決めた最大のポイントは何だったのですか?

私はいくつかの企業の面接でこの質問をしていますが、「面接官や社員と話してみて合っていると思ったから」という回答を頂くことが多いです。なかには「最初に内定をもらったのがこの会社だったから」という方もいらっしゃいますが。福利厚生や給料とは言えないだけかもしれませんが、やはり一緒に働く仲間を重視している人が多いようです。

 

今回のまとめ

今回は、私が実際にOB・OGや先輩社員に質問したことをまとめました。

社内の雰囲気はどんな感じなのですか?
何社くらい担当されているのですか?
仕事での最大の失敗はどのようなものですか?
先輩や上司の方からの指導はどのようなものなのですか?
どのくらいの裁量を持たせてもらえるのですか?
将来の夢やビジョンを教えて下さい。
御社に入社することを決めた最大のポイントは何だったのですか?

OB訪問をしたいけれど、どんなことを聞けば良いのか分からないと言う方はぜひこの質問を参考にしてみて下さい。