【2016年卒】就活の失敗を徹底回避する3つのポイント


2016年卒の採用は4月解禁となりますが、早くもサマーインターンシップなどの取り組みが進んでいます。2015年卒の採用は売り手市場となり、企業の採用は困難だったようです。しかし来年(2016年卒)の就活はどうなるか分かりません。来年リクルートスーツに身を包み就活をする大学3年生にとって就活は不安要素の1つだと思います。そこで今回は就活で失敗しないための3つのポイントをお話したいと思います。

志望業界や職種をしぼり過ぎた

最初から志望業界や職種を固め過ぎると、自分にとって譲れないマストは何なのかを見失ってしまう可能性があります。志望業界の選考に失敗した場合の立ち直りが困難で、熟考せずに就職先を決めてしまい、後々ミスマッチで困ることになってしまいます。入りたいと心に決めた企業がある場合は、ライバル先や取引先企業にも目を向けてみてはいかがでしょうか?関連分野に目を向けることは重要だと思います。

企業研究が足りない

企業研究不足には私も悩みました。知名度ばかりを優先し、経営理念や風土を理解せずに就職してしまうと、入社後に価値観のミスマッチが生じる可能性があります。このミスマッチを防ぐためにはOB訪問などで社員の生の声を聞くことだと思います。リアルな声を聞くことでミスマッチを回避させましょう。

配属など思い通りになると考えている

大手企業になるとその分配属先など様々ですよね。総合職の場合は全国転勤の可能性もあります。営業や開発、マーケティング、総務、人事など自分がやりたいと思っていた部署へ配属されるとは限りません。また、新人には大きなプロジェクトを任せてもらえない環境かも知れません。そのような場合にも柔軟に捉え、行動できなければミスマッチで退職することになってしまうと思います。

今回のまとめ

新卒の3年以内の退職率は3割に上っており、人と企業のミスマッチが発生していますよね。就活で失敗しないためにも以下の3つは肝に銘じておきたいです。

1. 志望業界や職種を絞り過ぎないこと

もし志望業界の選考が上手くいかなかった場合、業界や職種を絞り過ぎている学生は立ち直りに時間がかかり、就きたい職種につけないだけでなく企業とのミスマッチが発生してしまうようです。就活序盤は広く捉えた方が良いのではないかと思います。

2. 企業研究は入念に行うこと

会社規模や知名度ばかりを気にして経営理念や風土を十分に理解せずに入社してしまうと価値観のミスマッチが生じます。OB訪問や先輩面談などで社員のリアルな声を聞いておきましょう。

3. 配属先は思い通りになるわけではない

仮に「営業をしたい」と思っていても、総務部や経理部に配属になる可能性もありますよね。新卒採用で適性を見抜くことは不可能に近いですし、希望している職種が最適な仕事だとは言い切れませんよね。配属に関しては柔軟に捉えるべきだと思います。