自己PRで面接官を唸らせる!ES通過への3つのポイント


エントリーシートを提出する時に一番悩む項目って何ですか?基本的な項目はどんどん埋めていけますが、学生時代に打ち込んだこと、あなたの強み、在学中に学んだこと、入社後やりたいことなど様々な項目があると思いますが、私は何と言っても「自己PR」の欄でした。自分をアピールするために、面接官に何を知ってもらえば良いのだろうか?とエントリーシート記入前に悩みました。

 

自信を持っていることを1つにまとめる

自己PR 書き方

具体的にあなた自身が強みだと感じていること、面接官に知ってほしいと思うことを1つに絞って書きます。いろんなことを書いてしまうと、話にまとまりがつかなくなってしまったり、PRしたいことがぼやけてしまうので、1つに絞った方が良いと思います。だいたい全体の3割にまとめましょう。

何をして、何を学んで、何を得たのか

自己PR

学生生活の中でどのようなことに取り組んできましたか?例えば部活やサークル、アルバイト、学生団体、ボランティア、インターンシップなどです。その具体的内容は簡単にまとめる程度にし、その取り組みの中で、どのようなことを考え、何を学び、得たのかを書いてきましょう。人間的にどう成長したのか分かる自己PRが良いのではないかと思います。全体の5割にまとめます。

将来の夢・ビジョン

入社後ビジョン

これまで書いた内容に結びつけて入社後はどのようなことに取り組みたいのか、思い描く夢やビジョンを語ります。全体の2割にまとめましょう。

記事のまとめ

自己PR

エントリーシートで記入するのが難しい自己PR爛。面接で「では、1分で自己PRをして下さい」と言われることもありますよね。そんな時、何を話せば(書けば)良いの?と思っている就活生は以下の3つのポイントを参考に、オリジナルの自己PRを作成してみて下さい。

自信を持っていることを1つにまとめる
何をして、何を学んで、何を得たのか
将来の夢・ビジョン