社長面接で見られているたった2つのこと|面接対策


7月も中旬になり、「そろそろ就職先を決めて落ち着きたい…」黒いリクルートスーツに身を包んで就活をするのが辛くなってきた…という方がほとんどではないでしょうか。ただ4~5月に選考を受け始めていた企業の最終面接の準備をしているという方もいらっしゃるはずです。最終面接の通過率は約50%と言われています。2人に1人が合格する割合ですし、最終面接を2社受ければ1社は通るという割合です。実際、私も最終面接の通過率は60%ほどでしたので、だいたいの目安として考えるには良い指標だと思います。

そんな最終面接ですが、社長や役員レベルの大物が出てくる企業がほとんどだと思います。(私は社長との最終面接の確率が高かったです…)社長は人事のプロではありません。ただ長年の経験、威圧感、情熱が凄く、圧倒されてしまう学生が多いと思います。そこで今回は、最終面接で重視されているポイントについてお話したいと思います。

人間性や価値観

最終面接では学歴はほぼ関係ありません。見られているのは「人間性」です。どのような性格で、これまで何をどのような思いを持って取り組んできたのかなどを見られていると思います。私は数社で、タブーとされている家族についての質問をされました。この質問では、兄弟構成を知り、どのような性格なのかを見ようとしているのだと思いました。また、形式的でない食事の場で「次女なんだ。自由奔放な性格?」と言われたことがありました。深い意図はないと思いますが、兄弟構成を見る企業もあるのだなと思いました。兄弟構成だけで人間性を測ることは難しいと思いますが、一つの指標にしようとしているのだろうなと思います。

将来の夢・ビジョン

「5年後、10年後どうなっていたいか」という質問を投げかける面接官も多いと思います。会社が目指しているビジョンと皆さんの夢がまったくかけ離れている場合、お互いにとってメリットはありませんよね。またどうなっていたいのか目標・目的が明確化されていると企業側からしても高評価なはずです。最終面接までのフローの中で、会社が今後10年で何を目指しているのか質問しておくと、自分の夢・ビジョンと掛け合わせることが出来るのではないかと思います。

今回のまとめ

最終面接 社長

今回は最終面接で評価されている2つのポイントについてお話してきました。企業によって採用基準は異なりますが、社長や役員クラスとの面接となると、評価されるのはお話した2点となりますので、最終面接を控えている方には特にチェックをしておいて頂きたいと思います。

人間性や価値観

最終面接で見られているのは「人間性」だそうです。どのような性格で、これまで何をどのような思いを持って取り組んできたのかなどを見られていると思います。

将来の夢やビジョン

会社が目指しているビジョンと皆さんの夢がかけ離れている場合、お互いにとってミスマッチです。5年後、10年後どうなっていたいのか目標・目的が明確化されていると企業側から高評価を得られると思います。