就活で面接を受けたことがない学生必読!面接までの心得2ヶ条


皆さん就職活動は順調に進んでいますか?エントリーシートの締切が迫っている企業も多いですので、エントリーシートに追われている方が多いのではないでしょうか?私は最近、どうしたらESを人事の方に読んでもらえるのだろうか、どう書いたら「この学生に会いたい!」と思ってもらえるのだろうか、とそればかり考えています。

そんななか、そろそろ面接が始まっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?私自身も、既にグループ面接と個人面接のどちらも経験しました。そこで本日は、私が実際に面接を受けてみて、こうしておけば良かった!という実体験をお話したいと思います。

 

事前対策は絶対必要!

面接は人数にもよりますが、だいたい30分~1時間が多いようです。個人面接の場合、30分も人事の方と話すとなれば、きっちりと事前対策をしておきたいですよね。少なくとも志望動機学生時代に頑張ったこと入社して何がしたいのか、以上の3つはほとんどの場合聞かれると思いますので、押さえておいた方が良いと思います。

今回は、私が実際に聞かれた質問をいくつかご紹介したいと思います。

志望動機
学生時代に頑張ったこと
自己PR
挫折経験とそれをどうやって乗り越えたか
他人からどう思われているか
入社して何がしたいのか
5年後の未来をどう見据えているか
就活はどのような感じか(どんな企業を見ているのか)
強み、弱みは何か

一般的な質問ですので、ぜひメモして事前対策をしてみて下さい。

 

マナーを心得ておく

これまで、就活以外の面接の際、「ノックって何回?」とか「お辞儀の角度って?」など気になったことありませんか?就活の面接では、そういった不安はすべて取り除いておきたいですよね。私は、面接経験と言えば、語学検定の面接くらいしか記憶になかったので、大学のキャリアセンターを活用して面接対策講座を受講しました。その時に教わったマナーをご紹介したいと思います。

1)入室

まず、ドアを3回ノックし、入室します。ドアは両手でしっかり閉めましょう。その後、面接官の方を向いて言い「失礼します!」と元気よく、一礼します。この時、深いお辞儀をします。面接官(椅子)の方まで向かい、挨拶・一礼をし、「〇〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇と申します。本日は宜しくお願い致します。」と挨拶、席を勧められたら、「失礼致します」と言い、着席します。

私は、この時に重要なのは明るさだと教わりました。就活生らしいフレッシュな雰囲気で元気よく挨拶をしたら良いと思います。初めてだと緊張してしまうと思いますが、出来るだけ落ち着いて頑張りましょう!

 

2)面接

話し方は、元気に明るく、敬語に気を付けて話すことを心掛けましょう。すぐに質問の返事が出てこない場合には、「はい」と一呼吸置いてから答えると良いかもしれません。質問の意味が分からない場合には、あやふやなまま答えるのではなく、「恐れ入りますが、もう一度お願いできますでしょうか?と尋ね、「失礼いたしました」と言ってから答えるようにすると良いと思います。

私が面接を受けていて感じたのは、いかに真摯に質問に答えるかということが重要だということです。面接官に嘘をついたり、話を誇張しても、相手は面接のプロなので、バレてしまうと思いますし、ありのままの自分を素直に伝えることが大切ではないかと思います。

 

3)退室

「面接は以上で終了です」と言われたら、「ありがとうございました」と座ったまま一礼します。椅子の横に立ち、もう一度「本日はありがとうございました」と一礼し、ドアの手前で「失礼いたします」と一礼し、退室しましょう。

面接官は最後まで行動を見ているはずなので、気を抜かないことを私は心掛けています。受付の方や他の社員の方にもしっかり挨拶をして、帰るようにしたいですね。

 

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?面接は、適度な緊張感を持ちながら、かつ落ち着くことが重要だと思います。そのために、今回お話した事前準備とマナーをきっちりと押さえておけば良いと思います。

面接の事前準備

私が実際に個人面接で質問された内容です。準備する時間がない場合でも、志望動機、学生時代に頑張ったこと、入社して何がやりたいのか、以上の3点はほぼ100%尋ねられるので、準備することをオススメします。

 

面接のマナー

入室の際のポイントは、ドアを3回ノックする、ドアは両手で閉める、挨拶をする時には明るく元気よくすることです。

面接では、素直に誠実に質問に答えることが重要だと思います。質問を聞き逃してしまった場合には、「恐れ入りますが、もう一度お願いできますでしょうか?」と聞きましょう。

退室の際は、「ありがとうございました」とお礼を言うのはもちろんですが、最後まで気を抜かないことが大切だと思います。面接が終わったらホッとしてしまいますが、その時にもうひと集中することを心掛けたいですね。

今後ますます面接を受ける機会が増えてくると思いますが、事前準備をしっかりして、落ち着いて臨むようにしたいですね。まだまだ就職活動が続きますが、頑張って行きましょう!