台風で面接をキャンセルするのがNGな2つの理由|面接対策


現在到来中の台風8号の影響で人事面接に影響が出た学生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。日本各地で飛行機の欠航など様々な影響が出ましたが、台風などの災害を理由に面接をキャンセルするかどうか悩まれた方もいらっしゃるはずです。朝起きて警報が出ていたので学校が休みになるのは大学生まで。社会人の場合は、電車が止まってしまい、出勤することが不可能な場合は仕方ありませんが、交通機関が動いている場合は出社しなければなりません。社会人と学生の差はこのようなところにも出るのだなと思います。今回は、面接をキャンセルしたい時の学生の心構えについてお話したいと思います。

面接官はあなたに時間を割いている

ルール違反ではありますが、説明会をドタキャンする学生って多いと思います。社会のルールからすると有り得ないことだと思いますが、大学の講義も無断で欠席・早退したりする人もいますので、説明会をドタキャンする方もいるのでしょう。面接を当日キャンセルする=面接官のスケジューリングに影響を与えるということを覚えておくべきだと思います。面接官は、わざわざ貴重な時間を割いて、面接をするために資料に目を通し、どんな質問をするか考えて下さっています。一度、グループ面接で「特技がダンス(YouTubeに掲載)」とESに書いていた学生がおり、社長が事前に動画を見て面接に臨んで下さっていたということがありました。企業も十分に準備して下さっているので、ドタキャンするのは有り得ないですし、面接官は貴重な時間を割いてくれていると認識しておきましょう。

不採用になってしまうかもしれない

アポが入っていたのに当日にキャンセルするクライアントを信用できるでしょうか?その理由が正当なものであれば話は別ですが、そうでない理由の場合、評価が低くなることがあるということを肝に銘じておきましょう。台風などの災害で、外出するのは危険なのですが、社員の方は出勤されているわけです。公共交通機関を利用できる場合には、無理をしてでも面接に行くべきだと思います。もしスーツが濡れてしまう場合には、スーツを袋に入れて持参し、着替えられる場所でスーツに着替えて出向きましょう。

今回のまとめ

面接 キャンセル

台風などの災害で面接をキャンセルしたい!就活をしているとそんなこともありますよね。ただし社会のルールに従うのがふつうです。大学生までのルールではなく、社会人のルールに合わせて行動する必要があります。

面接官はあなたに時間を割いている

面接を当日キャンセルしてしまうと面接官のスケジュールも狂ってきます。面接官も社員の一人なので自分の仕事があります。しかしその貴重な時間を使って面接をして下さるので、当日キャンセルは控えたいですね。

不採用になってしまうかもしれない

台風などでも社員の方が出勤している場合には、面接に向かうのがルールです。公共交通機関が正常に動いている場合には無理をしてでも会社へ向かいましょう。もし当日キャンセルの連絡をする場合には、不採用となってしまう可能性もあるということを肝に銘じておくべきです。また、会社へ行った場合、ずぶ濡れで面接を受けるのはお互いにメリットがありませんよね…。そういった場合はスーツを袋に入れて持って行き、どこか着替えられる場所でスーツに着替えてから面接に向かいましょう。