Category Archives: 面接対策

リクルーター面接が動き出す?5分で読めるリクルーター制度のまとめ


就活は2015年3月から解禁しますが、その水面下ではリクルーター面談が始まります。来年度の就活は、学生が二極化すると言われており、準備をしていない学生には困難な就活になるかも知れません。学生目線では、「就活大変」と言われていますが、採用側(企業)の方が厳しい状況にありますので、企業は早めから学生を取り囲もうとします。そこで活用されるのがリクルーター制度なのです。しかし、リクルーター制度について詳しくない人も多いですよね。私もリクルーターはつきませんでしたし…。

そんな学生のためにリクルーター制度とは一体何なのか、どうすればお誘いの電話がかかるのか、リクルーターに気に入られる方法は?などについてお話していきたいと思います。

リクルーター制度とは

リクルーター制度とは、選考活動の一つで就活早期の段階から優秀な学生を囲い込むための制度です。基本的には中堅大学以上の人が誘われることが多く、学歴が必要となります。人事から要請を受けて採用の補助をするリクルーターとカフェなどで面接をします。大手企業ではリクルーター制度を導入している企業がありますし、なかでも金融機関はリクルーター制度を設けている場合が多いです。

リクルーター面接の方法

リクルーターは大学のOB・OGなどが一般的です、リクルーター1人に対して、3~4名の学生で話すことが多いようです。リクルーター面接では、30分間質問し続ける場合もありますし、志望動機や学生時代に頑張ったこと、将来何がしたいのかを尋ねられることもあります。リクルーターに気に入ってもらえたら、次の選考に進むことが出来ます。リクルーター面接は数回にわたって行われることも多く、友人には7回もリクルーター面接を受けたという人もいました。

どうすればリクルーターから電話がかかるのか

まず学歴があることが前提ですが、企業にプレエントリーしなければ始まりません。さらに説明会に参加する、エントリーシートを提出するといった「行動」を起こさなければ始まりません。エントリーシートを提出して、人事から「魅力的な人間だ」と思われたら、個別に連絡がかかってくるようです。

電話では何と言われるのか

「リクルーター面接です」と言われることはまずないようです。「質問会のお知らせです」や「社員訪問会があります」などと言われるそうです。リクルーター面接を通過すると、社員紹介や限定イベントに招待されることもあるようです。

リクルーターに気に入られるために

リクルーターに気に入られなければ始まりませんよね。リクルーター面接で落ちると、本選考で通過する可能性が低くなるとも言われています。リクルーターからの評価を高めるためには、何と言ってもコミュニケーション能力が必要です。「話すのがちょっと苦手で…」と言っていては、気に入られることもなく落ちてしまいます。日頃から社会人と話す習慣をつけて、明るく元気に振舞いたいですね。

次に業界知識をつけておくことも必要です。志望企業だけでなく、競合他社分析も十分に進めておきましょう。そして志望度が高いということを絶対に伝えましょう。興味のある職種を具体的に伝えることで、その職種の社員を紹介してくれることもありますので、職種や仕事内容もしっかり調べておきたいですね。

今回のまとめ

今回は、リクルーター面接とは一体何なのか?どうすればお誘いの電話がかかるのか、リクルーターに気に入られる方法は?などについてお話してきました。

リクルーター制度とは

選考活動の一つで、就活早期の段階から優秀な学生を囲い込むためのものです。

リクルーター面接の方法

リクルーターに対して学生3~4名で行われることが多いようです。

どうすればリクルーターから電話がかかるのか

プレエントリーする、説明会に参加する、エントリーシートを提出しなければ電話はかかってきませんが、学歴も重要視されます。

電話では何と言われるのか

質問会や社員訪問会のお知らせという電話がかかってくるそうです。

リクルーターに気に入られるために

コミュニケーション能力、業界知識、志望度の高さが重要です。

 

 


自己PRで面接官を唸らせる!ES通過への3つのポイント


エントリーシートを提出する時に一番悩む項目って何ですか?基本的な項目はどんどん埋めていけますが、学生時代に打ち込んだこと、あなたの強み、在学中に学んだこと、入社後やりたいことなど様々な項目があると思いますが、私は何と言っても「自己PR」の欄でした。自分をアピールするために、面接官に何を知ってもらえば良いのだろうか?とエントリーシート記入前に悩みました。

 

自信を持っていることを1つにまとめる

自己PR 書き方

具体的にあなた自身が強みだと感じていること、面接官に知ってほしいと思うことを1つに絞って書きます。いろんなことを書いてしまうと、話にまとまりがつかなくなってしまったり、PRしたいことがぼやけてしまうので、1つに絞った方が良いと思います。だいたい全体の3割にまとめましょう。

何をして、何を学んで、何を得たのか

自己PR

学生生活の中でどのようなことに取り組んできましたか?例えば部活やサークル、アルバイト、学生団体、ボランティア、インターンシップなどです。その具体的内容は簡単にまとめる程度にし、その取り組みの中で、どのようなことを考え、何を学び、得たのかを書いてきましょう。人間的にどう成長したのか分かる自己PRが良いのではないかと思います。全体の5割にまとめます。

将来の夢・ビジョン

入社後ビジョン

これまで書いた内容に結びつけて入社後はどのようなことに取り組みたいのか、思い描く夢やビジョンを語ります。全体の2割にまとめましょう。

記事のまとめ

自己PR

エントリーシートで記入するのが難しい自己PR爛。面接で「では、1分で自己PRをして下さい」と言われることもありますよね。そんな時、何を話せば(書けば)良いの?と思っている就活生は以下の3つのポイントを参考に、オリジナルの自己PRを作成してみて下さい。

自信を持っていることを1つにまとめる
何をして、何を学んで、何を得たのか
将来の夢・ビジョン

 


就活の面接で役立つ!女性の身だしなみグッズ5選を活用で内定獲得


暑い時期が続きますが就職活動は順調でしょうか?私の周りにも最近就活を始めたという友達もいますが、電車に乗って市街に向かっていると必ず就活生とすれ違います。この時に、就活生の身だしなみについて「残念だな」と思うこともあるので、今回は就活で役立つ身だしなみグッズをいくつかご紹介したいと思います。

エチケットブラシ

スーツのポケットに入れていますか?スーツにホコリがついていると恥ずかしいですよね。日頃からエチケットブラシを持参し、「スーツが汚れてるかも」と思ったらお手洗いなどでホコリを落とすようにしましょう。

ストッキング

ストッキングって破れやすいですよね。そんな時に替えのストッキングを持っていると助かります。面接で破れたストッキングをはいているのはすごく恥ずかしいですし、面接官も身だしなみを見ていると思いますので、注意して下さいね。

ハンカチとティッシュ

日頃からハンカチとティッシュを持っておくことは当然かも知れませんが、最近は暑いですので汗をふくためのハンカチと、何かこぼした場合にもすぐふき取れるようにティッシュを持っておきましょう。

折り畳み傘

急な雨にも対応できるようにいつでも折り畳み傘を持っておきましょう。最近では日傘と兼用のタイプもありますので、日焼け対策にもなりますよ。面接を終えて外に出てみると土砂降りだったということもありますよね。最近は特に天候の変化が読み辛くなっていますので、折り畳み傘を日頃から持ち歩くようにしましょう。

ヘアワックス

突風で髪の毛がボサボサになることありませんか?せっかくまとめた髪がグチャグチャになるとテンションも下がりますよね。そこでまとめ髪専用のワックスを持っておくと、面接前に髪の毛をまとめることが出来ます。

 

今回のまとめ

就活 身だしなみ

今回は女性向けの就活の時に持っておきたいお役立ちグッズをご紹介してきました。他にもまだまだ便利なグッズはありますが、最低でもこれら5つは持っておきたいですね。

1 エチケットブラシ
2 ストッキング
3 ハンカチとティッシュ
4 折り畳み傘
5 ヘアワックス