就活で勝つ!今からでも間に合う地域別長期インターンシップ


来年の春から就職活動を迎える現在大学3年生の皆さん、友人が早くも就活モードに入ってきて焦りを感じていませんか?今年は例年より多くの企業がサマーインターンシップに取り組むそうなので、インターンシップに挑戦する学生の方が多くなると思います。

しかし、本当に「10日間のインターン!」や「2週間で実践するインターン!」と題されたサマーインターンシップで得るものがあるのでしょうか?私は大企業の短期間のインターンシップは就活仲間との出逢いしかないと思います。企業は「この学生に入社してほしい」という学生をチェックしていると思いますが。何をしたら良いのか分からない学生が目的を持たずにインターンシップに参加しても意味がないと思いませんか?目的がないならば、学生ボランティアや海外留学、アルバイトなど学生らしい取り組みを行った方が充実するのではないかと思います。でも、やっぱり就職活動に向けて不安があるという方は、長期インターンシップに取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

長期インターンシップとは

一般的には10日~1ヶ月のインターンシップが多いと思いますが、長期インターンシップの場合は3ヶ月~6ヶ月のインターンシップになります。中小企業やベンチャー企業の社長や社員から実際に仕事を教わり、自分の手で実践することが出来るリアルなインターンシップだと思います。

長期インターンシップで大切なこと

先ほどから申している目的を持つことです。就職活動だけでなく人生のなかで、様々な選択肢があると思いますが、なぜコレを選ぶのか、目的は何なのかを明確にしておくことが重要です。でなければ途中で、仕事の意味を見いだせなくなるからです。長期インターンシップは期間も長いですので、目的を持ってモチベーションを高めて仕事を達成していかなければなりません。

長期インターンシップを斡旋しているNPO法人

実践型インターンシップETIC

実践的な長期インターンシップを行っています。これまでに2500名の学生が挑戦したプログラムです。東京(関東圏)にお住まいの学生は、ETICから長期インターンに挑戦してはいかがでしょうか。

長期実践型アントレターンJAE

JAEは大阪(関西圏)にお住まいの方にオススメです。私はJAEにお世話になり長期インターンシップに挑戦しました。事前研修や中間研修も充実しているので、インターンシップへの向き合い方や、学生間での交流もあるので、満足度の高いインターンシップだと思います。

ホンキ系インターンシップG-net

G-netは岐阜(中部地方)にお住まいの方にオススメです。半年間の実践的な長期インターンシップが経験できます。魅力的な経営者のもとでインターンを経験できる現代版弟子入りプログラムがあるようです。

今回のまとめ

これから就活を迎える学生にとって、長期インターンシップを経験しておくことは非常に有利になると思います。長期インターンシップに挑戦している学生は、早くから行動し、仲間を作り、主体的に活動していると思います。私は就活のために長期インターンシップに挑戦したわけではありませんが、やはり就職活動ではインターンの経験を話す機会が多く、取り組んできて本当に良かったと感じています。関東にお住まいの方はETICを、関西にお住まいの方はJAEを、そして中部にお住まいの方はG-netで長期インターンシップに挑戦してみてはいかがでしょうか。これまでと180℃違う学生生活が待っていると思います!