内定後の過ごし方が分からない…残りの大学生活を満喫する方法4選


就職活動を終えて夏休みをホッコリ過ごしている大学4年生の方が多いのではないでしょうか?しかし、就活を終えてふと気が付くと、「アルバイトと卒論しかやってない…!」と焦る学生も多いと思います。就活を終え、サークル・部活を引退してしまうと、時間を持て余してしまい、本当にこのままで良いのかと不安になることもあるでしょう。そこで今回は、内定後を充実させるための過ごし方をご紹介したいと思います。

海外旅行に行く

内定後 海外旅行

社会人になると、大きな休みを取ることが難しくなりますよね。お正月やお盆などの大型連休の場合には飛行機や新幹線が混雑したり、旅の料金プランも高くなってしまうのが実情です。しかし、学生である今ならば、時期を気にすることなく海外旅行に行くことが可能です。「海外旅行に行きたい!」と日頃から考えている学生さんは、絶対に行っておくべきです。

長期インターンシップに挑戦する

長期インターンシップ

もちろん、内定先企業で内定者インターンをするのも良いですが、内定先とは別の企業でインターンシップをしてみてはいかがでしょうか。現在、私は内定先とは別に企業で働いています。それぞれの企業には、価値観や社風があります。1社で型にはまってしまうのも良いですが、違う文化、違う価値観に触れておくことは将来ためになると思います。また、長期インターンシップをすることで基本的なビジネスマナーを実践的に学ぶことが出来ます

本格的に勉強する

内定後 勉強

大学4年生の今、卒業論文に取り組んでいる学生の方が多いと思いますが、一般常識や教養などを学んでいる方は少ないのではないでしょうか?大学では、経済や経営など専門的な知識を学ぶことは出来ますが、社会に出てから役立つ一般常識や教養は学べませんよね。しかし、社会人になると教養や常識を踏まえておかなければならず、今後恥ずかしい思いをすることがあるかも知れません。専門的な勉強をするのも良いですが、一般常識・教養もおさえておくべきだと思います。

読書をする

内定 読書

「読書が苦手…」という方多いのではないでしょうか。「そもそも活字を見るのが苦手」という方や「本を読んでいるだけで眠くなってしまう」という方も多いと思います。しかし、社会人になればビジネス書を読む機会も増えますので、読書嫌いだと将来困ることになるでしょう。今から読書をする習慣をつけておけば将来必ず役に立つはずです。また、歴史や文学などの本を読むことで中高年の上司の話にも合わせることが出来るので一石二鳥です。

内定後を充実して過ごす4つの方法

今回は内定を頂いた後~入社までの間を充実して過ごすための方法をお話してきました。うだうだ過ごすのか、それともアクティブに過ごすのかはあなた次第です。

内定後 過ごし方

1海外旅行に行く

社会人になると大きな休みを取ることは難しくなります。お盆やお正月などの大型連休は旅費も多めにかかってしまいます。しかし学生の今ならば、いつでも海外に行くことが出来ますので、この期間に行っておくべきだと思います。

2長期インターンシップに挑戦する

内定先とは別の企業でインターンシップをしてみてはいかがでしょうか。内定先と別の企業でインターンをすることで、違う文化や価値観に触れることが出来ますし、ビジネスマナーを実践的に学ぶことが出来ます。

3勉強をする

大学では、専門的な経済や経営の知識を学ぶことはあっても、一般常識や教養などを教わることはありませんよね。しかし社会では常識や教養が必要です。将来恥をかかないためにも勉強しておくべきだと思います。

4読書をする

「活字を見るのが苦手」、「本を読んでいたら眠くなってしまう…」という方も多いですよね。しかし今から読書の習慣をつけておくことで、将来ビジネス書を読む時に助けとなるでしょう。また歴史本や文学本などを読んでおくと、中高年の上司との話題にも困ることはないと思います。