これからが勝負!就活後半戦に挑む学生が押さえておきたい3つの対策


来春卒の就活生のみなさん、就活の進捗状況はいかがでしょうか?この夏休みに無事内定をもらい、就活を終えたという報告を最近よく聞きます。就活をしている時に「売り手市場だから採用難で大変」という話を人事の方に何度か聞いたことがありますが、学生も必死、企業も必死なのだと思います。我々学生の立場からは、企業は「選ぶ側」のように見えますが、売手市場の現在、選ぶ側は学生なのです。追い風が吹いているので、諦めずに就活を続けたいですね。さて、今回はそんな方に就活後半戦の対策についてお話したいと思います。

追加募集の情報をGETする

どの企業にも内定辞退が生じますので、就職サイトで「追加募集」が行われる企業も少なくありません。就活も中だるみで就職サイトを見ていないという方も多いのではないでしょうか?情報はしっかり取っていかなければ後から取り返しのつかないことになることもあります。頻繁にチェックすることを心掛けたいですね。

直接社員に会って話す

どの企業でも入社意欲は最重要視されますが、入社意欲を高めるためには、実際に働いている社員に会って話すことだと思います。会社ホームページや説明会だけでは、社員がどのように働いているのかよく分かりませんよね。実際に働いている人に会って話すことで、将来の自分を想像することが出来ますし、会社の価値観も見えてきて、入社意欲が高まると思います。

もう一度くるヤマに照準を合わす

中小企業に関しては、秋頃にもう一度ヤマがくるそうです。採用意欲の高まっている業界も多いので、その時のために照準を合わせておきたいですね。

今回のまとめ

お盆も終わり、これから就活を再開する就活生の方も多いでしょう。今回はそんな学生の方に就活後半戦の対策についてお話してきました。

就活 対策

追加募集の情報をGETする

内定辞退が出たため、追加募集をする企業がありますので、就職サイトを頻繁にチェックして、興味がある企業にはエントリーすることを心掛けたいですね。

直接社員に会って話す

どの企業でも重要視される入社意欲を高めるために、実際の社員と会って、会社の価値観を理解したり、将来の自分を想像してみると良いと思います。

もう一度くるヤマに照準を合わす

中小企業では秋頃にもう一度採用のヤマが来るそうです。そのヤマに照準を合わせて、しっかりと準備したいですね。