就活で人事に「早く面接で会いたい!」と思わせる電話マナー


就活が始まると人事・採用担当から電話がかかってくることも少なくありません。説明会や面接の申し込みをWebで受け付けている企業も多いですが、選考が進むにつれ、学生一人一人に次面接の電話をかける企業が多いと思います。

しかし「電話は苦手・・・」という方も多いはず。私もあまり電話は得意ではなかったので、電話をかける際は緊張していました。電話に関するビジネスマナーも存在します。知らなかったでは恥ずかしい思いをするかもしれません。

「もしもし」と言わないのが電話のビジネスマナー

一般的に電話では「もしもし」と言いません。「はい、(苗字)です。」と出るのがマナーです。企業からの電話は、登録していない電話番号もしくは非通知でかかってくることが多いので、知らない番号から電話がかかってきた場合には注意しましょう。特に03(東京の市外局番)や06(大阪の市外局番)からかかってきた場合は、企業だと思って良いでしょう。

電話口では爽やかイケメンを演じる

面接官に「この学生暗いな」とか「やる気あるのか?」と思われたら終わりです。電話は相手の表情や服装を見ることは出来ませんので、声色、声量だけで判断されてしまいます。面接官からの電話の時は、とにかく明るく、元気に、はきはきと話すことを徹底的に行いましょう。男性は「俺は爽やかイケメンなんだ!風早くんなんだ!(マンガのキャラクター)」と言い聞かせること、女性は、「私は清楚なレディーなのよ!堀北真希なのよ!」と思いこむことです。面接官から、明るくて、話し方も明瞭だと思ってもらえるよう、細心の注意をはらいましょう。

 相手が電話を切るまで切らない

電話で話を終えた後、すぐに「ガシャン!」と電話を切るのはNGです。人事担当の方が電話を切ったのを確認してから電話を切るようにしましょう。人事も忙しいので、さほど気にしていないかも知れませんが、これは社会に出てからのマナーでもあります。電話が終わってすぐに「ガシャン!」と切られて良い思いをする人はいませんよね。電話口で相手がどのように思うのだろうか?ということをいつも考えたいですね。

就活で人事に「面接で会いたい」と思わせるには?

その1 「もしもし」と言わずに「はい、○○です」と名乗る

その2 電話口では俳優・女優のつもりで爽やかになる

その3 相手が電話を切るまで待つ

この3点を意識して、電話対応バッチリになりましょう!