内定式当日って何をするの?内定式の内容と時期


企業から内定通知をいただき、入社承諾書を提出した大学4年生の方、もうじき内定式があることを忘れていませんか?学生生活最後の夏休みを思いきり楽しみ、まだまだ遊びの気分だという学生さんが多いと思います。しかし、そうこうしている間に内定式となりますので、今回は内定式の内容や時期についてお話したいと思います。

内定式とは

内定式とは、内々定の学生に対して倫理憲章で定められている10月1日以降、正式に内定通知をする祭典のことを言います。企業としては入社意欲の維持、学生から社会人へと変わる意識の変化を目的としているようです。内定式を執り行う企業が多く、実に70%以上の企業が行っています。

内定式の内容

内定者懇親会として食事をし、同期や先輩社員との親睦を深めることがスタンダードです。内定書の授与を行う企業は約半数で、意外と少ないようです。社長・取締役・人事部長などの挨拶や、先輩社員との交流、内定者研修などが行われています。なかには配属発表や適性テスト、個別面談、健康診断を行う企業もあるようです。

内定式の時期

内定式は倫理憲章で10月1日以降と定められていますので、それ以降に行わなければなりません。多くの企業では10月1日に行われています。内定が決まり、髪色を明るくしている学生やネイルをしている学生は、それぞれ対応しておくべきだと思います。もうじき夏休みが終わりますが、遊び気分が抜けていない人も多いのではないでしょうか?内定式ではハメを外さないように気を付けて下さいね。

まとめ

内定式 内容

内定式とは

内定式とは、 内々定の学生に対して倫理憲章で定められている10月1日以降、正式に内定通知をする祭典のことを言い、70%以上の企業が内定式を執り行っているそうです。

内定式の内容

内定式の内容は、懇親会で食事をし、同期や先輩社員との親睦を深めることがスタンダードです。企業は内定辞退を防ぐため、同期や先輩との仲を深めさせることも一つの目的としています。

内定式の時期

内定式は10月1日以降に行われますが、大半の企業では10月1日に行われます。就活を終えてからしばらく経ち、遊び気分の学生は、髪色やネイル、ピアスなどに気を配っておきたいですね。