人脈作りはこれを実践するだけで変わる!たった5つの戦術


これから社会人になると人脈が重要になりますよね。仕事での人脈はもちろん、プライベートでも人脈を持っている人は充実した生活をしているような気がします。人脈を広げることによって、何かあった時に頼れる存在ができたり、自分自身の価値を高めることにも繋がるのではないかと思います。そこで今回は、私が調べた人脈の広げ方をご紹介したいと思います。

まずは知り合う必要がある

仕事やパーティーなどでまずは人と知り合う必要がありますよね。積極的に飲み会に参加するのも良いのではないでしょうか。大学生同士でも他大学との飲み会などがあると思います。そういったイベントごとに参加し、まずは積極的に話しかけることからはじめてみたらいかがでしょう。

勉強会に参加する

同じ目的や目標を持っている人とは自然と話が弾みますし、意気投合することもあると思います。勉強会に参加することで、そういった同志が出来るはずです。仲間から仲間へ人脈が広がっていくと思いますので、共通の目的を持った同志を見つけてみてはいかがでしょうか?

同窓会などのイベントを企画する

イベントの企画をすることで自然と人脈は広がるような気がします。飲み会などでも幹事をするということは、各個人と連絡を取り合ったりしますよね。そうすることで相手との距離も縮まりますし、知らない間に人脈が広がっていくということもあると思います。

すぐに連絡する

早めにメールや電話連絡をするだけでも人脈が広がるようです。連絡が遅れてしまうと、「すでに先約がありまして…」と断られてしまうこともあります。○○さんに相談したい、お酒を飲みたいと思ったらすぐに連絡をとってアポを入れると良いと思います。

差し上げるものを増やす

お金や、高度な知識を持っている人には自然と人が集まります。お金を持っているから人が集まるというのは少し悲しいことのような気もしますが、まずは、頼られるくらいの技術を身に付けることが1番ではないかと思います。高度なナレッジを持っていれば、相談などの連絡が入ってきて、人脈につながると思います。

今回のまとめ

今回は人脈の広げ方についてお話してきました。大学生の間は人脈を持っていなくても大して困ることはありませんよね。しかし、社会人になると、人脈を持っていると仕事の幅も広がり、プライベートも充実すると思います。まずは今回お話した5つを実践してみてはいかがでしょうか?

1 相手と知り合う必要がある
2 勉強会に参加する
3 同窓会などのイベントを企画する
4 すぐに連絡する
5 差し上げるものを増やす