知らなかった!メモ魔になるだけで面接官から好感触?の理由


私は日頃から話をメモすることを心掛けています。メモしておくことで話の内容を忘れてしまった場合にもメモをみて思い出すことが出来ますし、あらかじめ聞きたいことを項目にしておくと、相手の時間を無駄にすることもありませんよね。それは就活でも同様だと思います。そこで今回は「いつでもメモ魔になるだけで面接官から好感触の理由についてお話したいと思います。

お客様との面談でもメモ魔になる!

就活

就活生のうちだけでなく、ビジネスマンはお客様との面談の時や、社内の会議に参加する時にもメモを取るように心がけていると、頭の中を整理してから自分の伝えたいこと、相手から聞きたいことを整理することが出来ます。話したいことを整理してから面談や会議に臨むと効率が上がってきます。

就活の面接でもメモ魔になる!

就活

就活生にとって「最後に質問はありますか?」で何を話そうか悩みますよね。そんな時にもあらかじめ何を聞きたいのかまとめておくと慌てることもありませんし、相手に好印象を与えることが出来ます。投げかけられる質問もある程度は形式がありますので、事前に答えを考えておくと良いですよ。

プレゼン発表では準備魔になる!

就活

プレゼンって緊張しますよね。資料の準備をしておくのはもちろん、発表後に質問が飛んでくることもあります。その質問に答えられるように、あらかじめ質問されそうな点をピックアップしておけば良いと思います。そうすることで、当日質問されても焦らずに答えることができ、プレゼンの出来も上がるでしょう。

今回のまとめ

メモ魔になるだけで面接官から好感を得ることができる理由についてお話してきました。

就活の間だけでなく、社会人となってからもお客様との面談や会議の際にメモをとることで、自分の伝えたいことを整理することができます。

就活生にとっては、「最後に質問はありますか?」という質問は「何を尋ねれば良いのだろう…」と不安になりますよね。こんな時に慌てないためにも事前に質問したいことをまとめる、面接官の話で大事だと思ったことはメモするように心がけるだけで、面接官からの印象もぐっと良くなるのではないでしょうか?

そしてプレゼン発表の場では、飛んでくるであろう質問への答えも事前に用意しておけば、当日焦ることもないと思います。シミュレーションをして、質問されるであろう項目を改善するもよし、質問に備えるもよし!だと思います。