Category Archives: グループディスカッション

圧倒的に周りに差をつけるグループディスカッション4つの対策


お盆も終わり採用を再開されている企業も多いのではないでしょうか。少し就活を休んでおり、これから再開するという就活生の方もいるかもしれません。就活が長引くと1つ1つの面接まで進むこともストレスを感じますよね。「またエントリーシートを書かないといけないのか」「またグループディスカッションがある…」など就活に対して億劫になってしまう学生も多いはずです。暑い時期ということもあり、就活に嫌気がさしている学生もいます。そこで今回は、周りに差をつけるためのグループディスカッション4つの対策についてお話したいと思います。

事前準備をバッチリする

就職情報サイトなどで模擬グループディスカッションの動画を見ましょう。客観点な視点から見ることがポイントです。先輩の体験記から応募先の過去の頻出テーマを絞り出すと緊張感がほぐれるかと思います。次にどのようなテーマでも議論に参加出来るように企業研究・業界研究を行います。過去に取り組んだノートを見返してみると良いのでないでしょうか?そして日常生活でも「結論」と「理由」をセットにして会話することを心掛けてみましょう。

会場に早めに行く

グループディスカッションは競争ではなく、仲間で取り組むことが重要です。周りとどうコミュニケーションをとり、結論に導くのかが重視されます。早めに会場に行って、同じテーブルの学生と自己紹介や最近の就活状況について話しておくだけで、相手のことを少しでも知ることが出来ますし、会話をスムーズに進めることが出来ると思います。良い雰囲気のなかでディスカッションを進めるためにも会場へは早めに到着するようにしましょう。

問題の意図を推察する

出題されるテーマには価値観を問うものもあれば事業展開に関するものまで様々です。しかし、問題の意図が隠されています。このテーマで話すことで企業はどのような学生を必要としているのか「意図」を考えながら議論を行いましょう。意図が見えると何を優先して話し合うべきなのか見えてきますし、議論の方向付けが出来るようになります。

発言回数ではなく発言内容に着目する

グループディスカッションでは、よく発言している人や司会をしている人が面接へ通過するかのように思いますが、企業は役割を評価するわけではありません。目立とうとするのではなく、グループとして最善の結論を導こうとする姿勢が大切です。ただ議論なので、発言内容が重要となってきます。理由や根拠を明確に伝えるようにしたいですね。

今回のまとめ

就職戦線も8月後半となりました。就活に対してやる気を失っている就活生も多いはずです。しかし粘り強く向き合うことで成果を出すことにつながると思います。「グループディスカッションからやり直しか…」と落ち込む方がいらっしゃるかも知れませんが、ここでもう一度グループディスカッションの対策をするべきだと思います。周りも就活に嫌気がさしている時期なので、周りを引き離すためにも以下の対策を再度見直しましょう。

事前準備をバッチリする

グループディスカッションの模擬動画を見たり、日頃から結論と理由を話すように心がけると良いと思います。

会場に早めに行く

仲間意識を持ってディスカッションを進めるために、少しでも早く会場へ行って周りの学生と仲良くなりましょう。

問題の意図を推察する

出題テーマの意図を推察することによって、何を優先して話し合うべきなのかが見えてきますし、議論の方向性を示すことが出来ます。

発言回数ではなく発言内容に着目する

ディスカッションでの発言回数が多いから通過出来るわけではありません。発言する時には、理由や根拠も明確に話せるようにしておきましょう。


GD突破!グループディスカッション4つのポイント


皆さん、就職活動はどのような状況でしょうか?まだ、プレエントリーしかしていない方もいらっしゃるでしょうし、1次選考、2次選考と順にコマを進めている方もいらっしゃるでしょう。なかには、「まだ、ESも提出していないんだけど大丈夫?」と不安に思っている学生さんもいらっしゃるのではありませんか?しかし、業界や企業によって選考の速さは違います。周りではなく、あくまで自分のペースで進めた方が、より密度の濃い就職活動が出来るのではないかと私は思います。そんななか、お友達との会話のなかで、「こないだのグループディスカッションでさ~。」という話になったこと、ありませんか?まだグループディスカッションを経験していない学生さんは、どんなことをするのか分からないと不安を抱いているのではないでしょうか?

そこで今回は、グループディスカッションとはどのようなもので、企業が何を見ているのか、グループディスカッションの形式について、私が学んだことや体験したことをもとに、お話したいと思います。

グループディスカッションって何?

グループディスカッションとは、学生の性格や特徴、組織での役割を知ることが出来る選考の一つで、グループとして成果を上げることや、参加態度、発言量(質)が、この選考での突破の鍵になるようです。採用では、企業は面接や筆記試験などで個人能力を計測し、グループディスカッションで対人能力を計測していると言われています。グループで会話をするなかで、自分から発信しているかどうかを見る企業もありますし、学生同士で話すなかで、学生の素を見たいという企業もあるようです。

「グループディスカッション4つの形式」

ディスカッション形式

「何のために働くのか」といった一般的な設問にグループで答えを導いていく形式のものです。一般的、抽象的な問題が出されるので、企業研究をしたからといって簡単に答えられるものではない形式となっています。

ディスカッション形式のグループディスカッションに参加したことがありますが、抽象的な問題なので、考え方は自由ですし、グループによってまったく違う答えを導くことになります。こういったグループディスカッションでは、「自分たちがどういう方向性で、議論を進めたいのか事前に明らかにすべき」だと企業の方から言われましたので、参考にしてみて下さい。

ケーススタディ形式

「新規店舗を出店するためには、どうすれば良いのか」など、様々な条件や、企業特有の知識を用いて、解決策を導く形式です。

グループディスカッションで最も多く使われる形式が、このケーススタディ形式で、企業特有の知識を用いて解決策を考える形式なので、企業研究が役立つと言われています。私も実際に、ケーススタディ形式のグループディスカッションを受けましたが、「結婚式場の成約をより多く獲得するためにはどうすれば良いか」という課題で、いくつかの条件をもとにグループで話し合いました。

ディベート形式

ディベート形式は、質問に2つの選択肢(YES or NO)があり、どちらかを選択し、それぞれの立場でディベートをする形式となります。珍しい形式ですが、論理的に道筋を立てて説明し、相手を納得させられるか、また違う立場や視点から物事を考えることが出来るかをはかっているそうです。ディベート形式のグループディスカッションは、まだ私も受けたことがありませんが、いかに論理的にゴールへ運ぶかが重要になりそうですね。

インバスケット形式

「無人島に持っていくのは何?」というような質問で、答えを導くディスカッション形式です。優先順位を立てて、物事を考えることが出来るかどうかを企業は見ているそうです。インバスケット形式は、あまり使われていないそうですが、優先順位を立てるというポイントは押さえておいた方が良いと思います。

今回のまとめ

今回は、グループディスカッションについてお話してきました。グループディスカッションには、大きく4つの形式がありましたよね。

ディスカッション形式

抽象的な質問に対して解決策を導く形式です。

例:人は何のために働くのか。

ケーススタディ形式

様々な条件や企業特有の知識を用いて解決策を導く形式です。

例:新規店舗を出店するためにはどうすれば良いのか。

ディベート形式

2つの立場に分かれて、討論をする形式です。

例:〇〇政策には賛成か反対か。

インバスケット形式

優先順位を考えて行動し、解決策を導く形式です。

例:無人島に持って行く物は何か。

グループディスカッションは、様々な形式があり、どのような課題が出されるか当日まで分からないので、対策をすることは難しいです。ただ、目的は何なのか、ゴールは何なのかを定めて、ディスカッションを行うことによって、話が脱線することなく、一定の流れでまとまりよく話が進んでいくはずです。ぜひ、目的とゴールを意識して挑んでみてはいかがでしょうか?


採用したいと思わせる!グループディスカッションで使える5つのコツ


一次選考や二次選考にグループディスカッションが含まれている企業も多いのではないでしょうか?しかし、グループディスカッションってどんな対策をすれば良いのか、よく分かりませんよね。「採用担当はいったい何を見ているの?」と疑問に思っている学生さんも多いはずです!私もその1人でした。そこで今回は、私が調べた「グループディスカッションを勝ち抜く5つのポイント」をご紹介したいと思います。ぜひ、選考内にグループディスカッションが含まれている場合は、5つのポイントを試してみて下さい。

 

早めに会場へ行く

まずは他の学生と仲良くなりましょう。早めに会場へ入って他のメンバーと会話を交わしておくことで、緊張もほどけますし、グループディスカッションでお互い話しやすくなると思います。私は、選考にグループディスカッションが含まれている場合は、少し早めに行って同じテーブルの人たちと自己紹介をしておくように心がけています。

 

仲間意識を持つ

グループで目立つことを考えるよりも、仲間で協力しあって与えられた問題を解決することを最優先に考えた方が良いそうです。競争意識を持つのではなく、チーム一丸となって問題解決に向き合おうとする姿勢で臨むことを私はおすすめします。

 

議論の方向付けをする

問題の出題意図を推察し、どんなことを優先的に話し合うべきか、メンバーに的確な指示を出し、議論の方向付けが出来ると、高得点を獲得できるそうです。

 

メンバーの話をよく聞く

発言回数は多ければ良いというわけではなく、メンバーの話を良く聞いたり、意見を引き出すなど、議論を活発にできる人が高評価の対象になるそうです。

 

発言内容に気を付ける

大切なのはどのようなことを発言したか、その内容です。意見を言うときには、理由や根拠を必ず述べ、反対意見を言うときにも同様に行いましょう。

 

まとめ

グループディスカッションでは、「他の人よりたくさん発言しなければ!」と気負ってしまう方が多いはずです。しかし企業は、たくさん発言したからと言って、その人を次の選考に呼ぶわけではないそうです。発言量も大切ではありますが、発言質を高めたいですね。まずは、協調性を持って、仲間と共に問題解決にあたることを考えてはどうかと思います。他に、今回ご紹介したように、議論の方向付けが出来ること、他のメンバーの話をよく聞くこと、発言内容は的を得ていることなどが重要なポイントとなるそうです。

早めに会場へ行く
仲間意識を持つ
議論の方向付けをする
メンバーの話をよく聞く
発言内容に気を付ける

 

今後ますますグループディスカッションをする回数が増えていくはずです。私もグループディスカッションは苦手なので、正直なところ不安でいっぱいですが、ポイントを押さえておけば本番でも落ち着いて周りを見渡し、的確な発言が出来ると思います。仲間意識を持って、頑張りましょう!