Category Archives: 筆記試験対策

SPI対策は就活生には必須!押さえるべきSPI3のテスト内容と対策


来年就活を迎える大学3年生の皆さん、SPIって聞いたことありますか?「もちろん!」と答える人がほとんどだと思いますが、ではSPIの対策を始めているでしょうか。どうしても「勉強」には億劫になってしまうかもしれませんね。しかしSPIの勉強を始めておかないと、志望企業の面接にすら参加できない事態を招きますので、今回はSPIの対策についてお話したいと思います。

SPIって一体何なの?

SPIとはリクルートマネジメントソリューションが提供している適性検査のことで、性格と能力を測定します。2012年の実績としては9050社がSPIを導入しています。学力だけではなく、人物など様々な側面から総合的に判断するテストです。

気になるSPIの内容は?

言語、非言語、そして性格の3つです。言語は国語ですね。語句の意味や用法、長文読解などの構成です。非言語は確率や代金の精算、割引の計算、推論、表の読み取りなど数学の問題です。そして最後が性格です。性格テストは事前の準備・勉強は不要です。性格診断には来スケールを診断する質問がいくつか含まれており、自分をよく見せようと嘘の回答をしてもバレてしまうので正直に答えるのが1番だと思います。

どう対策すれば良いの?

それは早めに取り組むことです。私は先輩から「SPI対策は早めにしておいた方が良い」と言われていたものの、なかなか取り組むことが出来ず、ギリギリになって焦って取り組んでいました。就活真っ只中の時期はエントリーシートの提出、面接の準備などに追われていると思いますので、早くから始めておきたいですね。対策本を1冊購入しやり切ればある程度の問題には対応できると思います。

SPIの試験ってどこで受けるの?

ペーパーテストの場合は、受験する企業へ行きマークシートによるテストが行われます。

インハウスCBTは受験する企業で、パソコンによるテストが行われます。

テストセンターは、専用の会場で、パソコンによるテストが行われます。

WEBテスティングは、ご自宅のパソコンでテストが行われます。

私は自宅のパソコンorテストセンター会場のことがほとんどでしたね。この場合は時間を指定されませんので、好きな時にテストを受けることができ、スケジュール管理も楽でした。ただしテストセンターは予約をしなければなりませんので、ご注意下さい。

今回のまとめ

SPIとは

SPIとは、言語・非言語・性格の3つをテストし、性格、能力を測定するリクルートマネジメントソリューションが提供している適性検査のことです。

どのような対策をすべき?

早めに取り組んでおくことです。対策本を1冊買って網羅すればある程度の問題には対応できます。出版社など独特の問題を出す企業は別として、ほとんどの企業は、問題が酷似していることが多いのですので、バッチリ対策しておきたいですね。

実施形態は以下の通りです。

ペーパーテスト 企業/マークシート形式
インハウスCBT 企業/パソコン
テストセンター 専用の会場/パソコン
WEBテスティング 自宅/パソコン

 


就活解禁までに動いて圧倒的に周りを引き離す3つのメソッド


就活解禁までに行動を開始する学生と、解禁まで何も行わない学生の間には大きな差が生まれ、学生の二極化が進んでいると言われています。2016年卒の学生も就職活動に少なからず不安を抱いていると思いますが、行動している学生はすでに行動しているのです。そこで今回は、来年4月の解禁までに圧倒的に周りを引き離したい!と思っている学生のための方法についてお話したいと思います。

SPIや適性検査に取り組む

SPI対策

大手企業は面接の前段階としてSPIや適性検査を行いますので、ここで振るい落とされてしまうと面接さえしてもらえません。就活が解禁されると順にSPIや適性検査を行う企業が増えてきますので、それに備えた準備が必要となります。対策本を1冊購入し、網羅的に勉強するだけで通過率が変わってくると思いますので、早めに対応しておいて損はないです。私はSPI対策が不十分だったので、面接を受けることが出来ない企業もいくつかありました。それは非常にもったいないですので、しっかり対策しておきましょう。

自分が輝くエピソードを見つける

自己分析 就活

就活が解禁されてから自分を振り返るのではなく、今から20数年を振り返りましょう。自己分析をしすぎると良くないということを聞きますが、私は自己分析から様々なことが見えてきました。昔に書いた作文や活動記録、通知表なども残してある場合は参考にすれば良いと思います。これまでの様々な活動から、自分らしさを最も表現できるエピソードを選び、そのエピソードを深堀していきましょう。

志望企業の社員と会う機会をつくる

OB訪問

就活では選考初期の場合、大学名だけで落ちてしまうことがあるようです。そうならないように、選考が始まる前から志望企業の社員や人事担当の方とお会いする機会をつくり、「自分」を売り込んでおく必要があります。知人や大学、先輩などを通じて社員との接点を作り、活動していくべきだと思います。

今回のまとめ

就活解禁まで、まだまだ時間はありますが、早くから行動し周りを引き離しておきたい学生は今回のコラム内容を実践してみて下さいね。

企業研究

SPIや適性検査に取り組む

面接前の足きりとしてSPIや適性検査を用いる企業が多いです。言語・非言語の問題が出来ないために面接さえも受けることが出来ないのは非常に悲しいことなので、しっかりと準備をしておきたいですね。

自分が輝くエピソードを見つける

就活が始まるまでに自己分析をしっかりと行い、自分をアピールできるエピソードを用意しておきましょう。アルバイトやサークルなど有り触れたエピソードではなく、あなた自身の輝くようなエピソードを深堀してはいかがでしょうか。

志望企業の社員と会う機会をつくる

選考が始まる前から、志望企業の社員や人事担当の方とお会いする機会をつくっておくべきだと思います。先輩を通じて社員を紹介して頂いたり、OB訪問をするなど工夫し、社員と会う機会を作りましょう。


就活の筆記試験・ES対策・小論文をこなすたった1つの方法


就活生の皆さん、筆記試験や小論文、作文、エントリーシートの対策が1度に出来たら良いのに…と思ったことありませんか?「そんな方法あるわけないじゃん!」と思う方が99%だと思います。でも、これらを網羅する勉強方法があるんです。それは、新聞スクラップです。今回は、なぜ新聞スクラップが筆記試験や小論文、作文、エントリーシートの対策になるのかをお話したいと思います。ちなみに私は中学1年生と大学1年生~3年生の間、新聞スクラップをしていました。少なくとも新聞を読んで「まとめる」という力はついたかなと思っていますし、就活でも活用できましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

筆記試験の時事問題対策になる

気になる新聞記事として政治問題や社会保障問題など時事問題に関連したものをピックアップしスクラップすることによって筆記試験の時事問題対策になります。電車移動の時に読み返すだけで内容を理解することが出来ます。記事の要約をまとめておくことで、時間の短縮にもなりますし、関連記事を調べておくと知識の幅も広がります。

小論文・作文対策になる

記事の要約だけでなく自分の意見も書いておくことによって、「書く」ということに慣れ、文章構成が上手になります。また文章のポイントを掴むことになれるので速読力も身に付きます。作文として書くだけでなく、面接の場で時事問題について「話す」時にも、自分の意見を話すことが出来るので、他人と差別化することになります。

エントリーシート対策になる

スクラップブックを作成することによって上手にまとめる力がつきます。キレイにレイアウトすることは自由記述タイプのエントリーシート対策になりますし、志望業界や企業の記事内容をまとめておくことによって、志望理由が書きやすくなるはずです。

まとめ

就活では新聞を読むことが必要となってきます。その新聞を「スクラップ」することが筆記試験や小論文・作文、エントリーシート対策になるのです。

筆記試験の時事問題対策になる

政治・経済・社会保障などの問題を知り、要約することによって筆記試験の時事問題に活かすことが出来ます。また読売新聞の就活ONでは、毎週1問試験問題を解くことが出来ますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

小論文・作文対策になる

新聞をスクラップすることで書く力はもちろん、文章構成が上手くできるようになります。文章の流れを掴むことで速読の役にもたつはずです。

エントリーシート対策になる

スクラップブックのレイアウトを考えたり、記事への意見を書くことによってエントリーシート対策につながります。志望業界をまとめて関連記事を調べておくだけで志望動機を書くことも出来ちゃいます。

はじめは慣れない作業ですし、「続かないのでは…」と不安に思う就活生が多いと思います。ですが、新聞を読んで、レイアウトを考え、要約、感想を書くだけなので、1時間あれば出来ます。週に1回でも良いので継続して続けることが大切です。はじめは面倒かも知れませんが、粘り強く取り組んでみて下さい。