デキる就活生になるための送付状の書き方6つのポイント


企業へエントリーシートなど応募書類を送る際、送付状を添えていますか?先日の記事では、封筒の書き方についてご紹介させて頂きました。封筒の書き方からサッパリ分からない!という方は、これでバッチリ!エントリーシートを郵送する時の5つのマナーをまずは読んでみて下さい。今回は、エントリーシートに添える送付状の書き方を調べてまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

送付状って?

送付状とは、ファックスや郵便物を送る時に、その書類の送付者や宛先、内容、枚数に時候の挨拶などを加えた書類のことを言います。添え状やカバーレターなんて呼ばれ方もしているそうです。企業にエントリーシートを提出する際、エントリーシートを1枚封筒に入れて送付するのではなく、送付状を添えることによって、封筒を受け取った方(採用担当者)は容易に書類の中身を確認することが出来ます。

 

送付状の書き方ポイント

送付状の内容や順序は形式化されているようなので、以下を参考にしてみて下さい。

送付状 就活

 日付

Wordの右寄りに日付を記載します。

 宛先

会社名、部署名まで正しく書くことを心掛けましょう。

 差出者名

住所、大学名、氏名、連絡先、E-mailアドレスを記載します。

4 タイトル

どのような書類が入っているのかを記します。

5 時候の挨拶

時候の挨拶は、普段使わないので難しいですよね。この表を参考に書いてみてはいかがでしょうか?

1月 ・初春の候・寒冷の候 7月 ・猛暑の候・夕立の候
2月 ・立春の候・残寒の候 8月 ・残暑の候・秋暑の候
3月 ・早春の候・春暖の候 9月 ・初秋の候・秋色の候
4月 ・陽春の候・春風の候 10月 ・仲秋の候・時雨の候
5月 ・新緑の候・葉桜の候 11月 ・晩秋の候・落葉の候
6月 ・梅雨の候・子夏の候 12月 ・師走の候・立冬の候

 

 記書き

入っている書類をすべて記載します。エントリーシートの他に履歴書が入っている場合には、

・エントリーシート

・履歴書

と記載します。

 

送付状の書き方まとめ

もちろん大切なのは中身ですので、エントリーシートの内容が最も重要視されると思います。ですが、ビジネスマナーとして送付状の書き方をマスターしておくと、社会人になってからもきっと役立つはずです! ただし、企業によっては、「送付状は不要です」と要項に書いてある場合もありますので、しっかり要項を読んで送付状を添えるようにしましょう。

・日付 

送付状を作成した日付を記載します。

・宛先 

会社名、部署名など詳細まで記載します。

・差出者 

住所、大学名、氏名、携帯番号、メールアドレスを記載します。

・タイトル 

エントリーシート送付についてなどタイトルを記載します。

・時候の挨拶 

季節にあった挨拶文を記載します。

・記書き

同封している書類内容を記載します。