イケメン人事の会?気になる就活イベントの全貌を探る!


説明会に選考会、でもいつも受け身に話を聞いているだけで刺激がなくなってきた…。就活が始まって約2か月半が過ぎ、就活に対してこのようなマンネリを抱えている人も少なくないのではないでしょうか?

私もその内の一人です。しかし、人生に一度の新卒の就職活動。せっかくだから楽しみたいですよね。そこで何か面白い就活イベントはないかな、と思っていた時に友達がFacebookで紹介していて知ったユニークな就活イベントがあったので実際に足を運んできました!

イケメン人事の会!?

その友達が紹介していたイベントというのが、イケメン人事の会。なんだか少し危ないイベント名…。友人の話を聞くと、「どうせ就活するなら、どうせ企業と出会うなら、かっこいい人事さんから話を聞きたい」という女子就活生達が一堂に会し、イケメン人事たちとご飯を食べながら就職活動の話をする、というイベントだということ。少し参加することに戸惑いは感じましたが、一緒に行く友達が見つかったので参加してみることにしました。

イベントは渋谷のファーストプレイス6Fにある、IT企業「voyage group」のオフィスで行われました。

渋谷ファーストプレイス

会場につくと、参加者である約25名の女子就活生がぞくぞくと集まってきていました。スタッフの方に案内され、4名ずつテーブルに分かれて人事の方の登場を待ちます。

少しドキドキしながら待つこと10分、ついにイケメン人事の方が登場!

今回はITベンチャー企業の6社の人事の方、計10名が集まって下さいました。一つのテーブルに一社の人事の方がつき、時間ごとにローテーションするというスタンスでした。参加者が女子だけだから終始和やかなのでは…と思いきや、人事の方に熱い想いを打ち明ける人や悩み事を相談する人、様々な参加者の方がいらっしゃいました。参加した理由も、イベント名に惹かれて来られた方、時間が余っていたから行こうと思った方、友人に誘われた方、IT業界を目指している方と様々でした。あまり目的もなく参加した私でもおおいに得るものがあり、参加して良かったな、と思えるイベントでした。何より、普段の就職活動よりも自分らしく自然体でいられた気がしました。

イケメン人事の会 集合写真

 

どこが運営しているの?

さて、そんな面白いイベントだったのですが、どこが運営しているのか気になりますよね。このイベント、開催地であったvoyage groupの連結会社である「サポーターズ」という企業が運営しています。以下voyage groupホームページ内のサポーターズの説明を引用しています。

”昨今、就職活動が長期化することにともない、学生にとっても交通費などの就職活動資金の負担が大きくなっています。「サポーターズ」は、就職活動を控えた学生が事前に「サポーターズ」に無料会員登録をすることで、企業が指定した説明会や懇親会などへ参加する際に、企業から就職活動資金の一部を「支援金」としてサポートを受けることができるサービスです。学生は、就職活動資金に対する負担が減り、より積極的に就職活動に取り組むことができます。また企業は、会いたい学生と直接連絡を取り、主催するインターンシップ説明会や会社説明会などに学生が実際に参加した場合のみ、サポートとして支援金を支払うため、効率的な採用活動を行うことができます。「サポーターズ」では、2013年3月末までに、登録学生数3万人、登録企業数150社を目指してまいります。”

 

つまりサポーターズとは、就活生を支援する企業なのです。おおまかに説明すると、学生を企業とマッチングさせることによって「支援金」を学生に払う、という今までになかった新しいシステムです。その事業の一環として、「イケメン人事の会」のような面白いイベントがあるということでした。私の周りにも、サポーターズの支援を受けて東京へ行くことにした、という友達が何人もいます。

 

まとめ

イケメン人事の会とは、「どうせ話を聞くならイケメンの人事がいい!」という女子就活生のために催された、新しい形の就活イベント。東京のvoyage groupオフィス内で2月6日に開催されました。

 

・参加者は女子就活生約25名と、IT企業人事の方9名(6社)。

・普通のイベントよりも距離が圧倒的に近いので、聞きたいことを聞くことが出来る。

・運営しているのはvoyage groupの連結会社である株式会社サポーターズ。

・「イケメン人事の会」の他にも、「美人事の会」や「人気企業OGにまとめて会える会」等、面白いイベントを多々行っている。

 

就職活動で、皆さんは「自分らしさ」を発揮できていますか?意外と、こういったイベントではありのままの姿を企業の方に見せることが出来たりします。探せば面白いイベントはまだまだあるはず。就職活動に行き詰ったら、こういったイベントに参加してみるのはいかがでしょうか?