Category Archives: 会社説明会

ベンチャー志望向け|就職イベント「情熱フェスタ」とは?


15年卒の就職活動が解禁してから半年が経過しましたね。春休みは毎日のようにスーツを着て説明会や面接に出かけていましたが、最近は大学も始まり、私自身は落ち着いてきたのですが、皆さんはいかがでしょうか?

なかにはこれから就活を始める方もいるでしょうし、仕切り直して「よし、頑張るぞ!」と強気でいる方、「僕なんて、私なんて…」と落ち込んでいる方もいるかもしれません。

そこで今回は、先日私が参加したイベントをご紹介したいと思います。私自身、結果は出なかったのですがとても楽しい就活イベントだったので共有させて頂きます!

目次

1 情熱フェスタとは?

2 情熱フェスタの内容

3 情熱フェスタに参加すると得られるもの

 

情熱フェスタとは?

私が参加したイベントとは、パッションナビさんが開催している情熱フェスタというイベントで、ベンチャー企業に特化した就活イベントです。私が参加した回では4社が参加されており、熱い思いを持った社長さんが来ていらっしゃいました。ベンチャー企業への就職を考えている学生の方には特に参加をお奨めしたいイベントです。

ベンチャー 情熱フェスタ

情熱フェスタの内容

情熱フェスタの醍醐味は商品を企画し、社長に対してプレゼンが出来る「社長の壁」です。テーマに沿って3人1組となって商品を企画します。その商品を社長に対してプレゼンし、「買った!」と言わせます。もちろん様々なチームと対戦形式ですので、優勝すると商品があったりします。社長の壁以外にも交流会や社長による学生スカウトもありますので、とても中身の濃いイベントです。

 

情熱フェスタに参加すると得られるもの

ベンチャー企業を志望している方は参加して損をすることはないと思います。社長と直接コミュニケーションが取れるので、考え方や価値観を知ることが出来ますし、もしかすると就職先が決まるかも知れません。さらに、3人1組で戦うので、仲間をつくることが出来ます。当日たまたまテーブルが同じになった人と議論を戦わせたり、力を合わせて優勝を目指すので、仲良くなりますし、一生の友人が出来ることもあるのかも・・・。パッションナビさんが学生1人1人に名刺を作って下さるので、名刺交換をするだけで連絡先を交換したことになり、その後も交流することが出来ます。

 

今回のまとめ

今回は私が参加した情熱フェスタについてお話してきました。このようなイベントは他にも多数ありますし、「参加してみたい」と思ったら躊躇せずに飛び込んでみるのが一番だと思います。

こういったイベントに参加するだけで、就職活動を共に戦う仲間をつくることが出来たり、「この人についていこう!」と思える社長に出逢えたり、選択の幅が広がると思います。積極的にイベント企画に参加することをオススメします!


悩んでいる就活生に読んでほしい!社長セミナーで学んだ2つのこと


企業説明会や選考会、エントリーシート提出と大忙しの日々を過ごしている皆さん、日々どのようなことを考えながら就職活動に取り組んでいますか?ただ、なんとなーく説明会に行って、エントリーシートを書いて…という毎日になっていませんか?

本日は、私が先日訪れた会社セミナーで拝聴したお話を共有させて頂きたいと思います。参加させて頂いたのは、株式会社ワークスアプリケーションズの会社説明会で、CEOである牧野正幸様の講演会でした。私自身、「ワークスCEOの講演会?!ぜひお話を聞きたい!」と思い、参加させて頂きました。

 

これからのビジネスパーソンに求められる能力とは」というテーマで講演会が始まったのですが、将来必要な能力や、生き方を考えさせられる濃い内容となっていました。

そこで、牧野様がお話されたことを、私なりにまとめてみました。正直、私はこの講演を拝聴して、就職活動に対する考え方が変化したと思っています。就職活動を行う意義、将来どうなりたいのかを根底から考えさせられる貴重なお話でしたので、ぜひ共有させて頂きたいと思います。

 

社会的貢献ができること

皆さんは何のために働くでしょうか?お金のため、自分のため、家族のためなど、様々な理由があると思います。しかし、社会のために役立ちたいという社会的満足度が高くなければなりません。日本の競争力は低下しているにも関わらず、ブランド力があるため、日本は過剰に自信を持ち過ぎているのが現状です。20代前半のこれからの日本を担う若者が35~40歳の働き盛りの時に、日本の競争力低下で倒産に追い込まれる企業がますます増えます。日本経済はドン底にまで落ちるだろうとおっしゃっていました。

そこで、今の学生には、「新しい産業を起こすことに目を向けてほしい」そうです。自分は、日本のために何が出来るのかを考え、イノベーションを起こすことが必要だそうです。

 

個人の力を最大化すること

これから必要なのは、自分一人(個人)の力で何が出来るのかということです。

このご時世、大手企業でも倒産してしまう時代です。現在20代前半の若者が30~40歳になる頃には、倒産に追い込まれる企業も増加します。そんななかで、転職などの状況に陥った場合、中途採用で仕事を見つけることが出来るのでしょうか?大手企業で大きな組織のなかにいて、チームワークで仕事をこなしてきたため、「私にはこのような実績があります」と企業にアピールすらも出来ないのです。これからは個人で仕事を完結できなければならないのだそうです。

日本企業は組織力が強すぎるため、転職に弱くなっています。これまでは、サラリーマンになれば一生安泰の時代でしたが、これからはそうではありません。問題解決能力を身につけ、決して勤め先企業が倒産に追い込まれても、転職して新たに働けるような実績を積まなければならないのだそうです。

 

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?牧野さんの講演会は1時間半のお話でしたので、私の拙い文章では伝えきれない部分が多々あるかと思います。しかし、就職活動中に「これからのビジネスパーソンに求められる能力とは」というテーマで、牧野さんの講演が聞けて本当に良かったと思っています。今回お聞きしたお話で、私の就職に対する考えも変化していますし、皆さんも何か感じて頂けたら幸いです。

以下に重要なポイントをまとめました。

社会貢献が出来ること

・社会のために働きたい社会的満足度が高くなければならない

・新しい産業に目を向け、イノベーションを起こす

個人の力を最大化すること

・個人で仕事を完結できなければならない

・問題解決能力を身につけることで転職にも強くなる


イケメン人事の会?気になる就活イベントの全貌を探る!


説明会に選考会、でもいつも受け身に話を聞いているだけで刺激がなくなってきた…。就活が始まって約2か月半が過ぎ、就活に対してこのようなマンネリを抱えている人も少なくないのではないでしょうか?

私もその内の一人です。しかし、人生に一度の新卒の就職活動。せっかくだから楽しみたいですよね。そこで何か面白い就活イベントはないかな、と思っていた時に友達がFacebookで紹介していて知ったユニークな就活イベントがあったので実際に足を運んできました!

イケメン人事の会!?

その友達が紹介していたイベントというのが、イケメン人事の会。なんだか少し危ないイベント名…。友人の話を聞くと、「どうせ就活するなら、どうせ企業と出会うなら、かっこいい人事さんから話を聞きたい」という女子就活生達が一堂に会し、イケメン人事たちとご飯を食べながら就職活動の話をする、というイベントだということ。少し参加することに戸惑いは感じましたが、一緒に行く友達が見つかったので参加してみることにしました。

イベントは渋谷のファーストプレイス6Fにある、IT企業「voyage group」のオフィスで行われました。

渋谷ファーストプレイス

会場につくと、参加者である約25名の女子就活生がぞくぞくと集まってきていました。スタッフの方に案内され、4名ずつテーブルに分かれて人事の方の登場を待ちます。

少しドキドキしながら待つこと10分、ついにイケメン人事の方が登場!

今回はITベンチャー企業の6社の人事の方、計10名が集まって下さいました。一つのテーブルに一社の人事の方がつき、時間ごとにローテーションするというスタンスでした。参加者が女子だけだから終始和やかなのでは…と思いきや、人事の方に熱い想いを打ち明ける人や悩み事を相談する人、様々な参加者の方がいらっしゃいました。参加した理由も、イベント名に惹かれて来られた方、時間が余っていたから行こうと思った方、友人に誘われた方、IT業界を目指している方と様々でした。あまり目的もなく参加した私でもおおいに得るものがあり、参加して良かったな、と思えるイベントでした。何より、普段の就職活動よりも自分らしく自然体でいられた気がしました。

イケメン人事の会 集合写真

 

どこが運営しているの?

さて、そんな面白いイベントだったのですが、どこが運営しているのか気になりますよね。このイベント、開催地であったvoyage groupの連結会社である「サポーターズ」という企業が運営しています。以下voyage groupホームページ内のサポーターズの説明を引用しています。

”昨今、就職活動が長期化することにともない、学生にとっても交通費などの就職活動資金の負担が大きくなっています。「サポーターズ」は、就職活動を控えた学生が事前に「サポーターズ」に無料会員登録をすることで、企業が指定した説明会や懇親会などへ参加する際に、企業から就職活動資金の一部を「支援金」としてサポートを受けることができるサービスです。学生は、就職活動資金に対する負担が減り、より積極的に就職活動に取り組むことができます。また企業は、会いたい学生と直接連絡を取り、主催するインターンシップ説明会や会社説明会などに学生が実際に参加した場合のみ、サポートとして支援金を支払うため、効率的な採用活動を行うことができます。「サポーターズ」では、2013年3月末までに、登録学生数3万人、登録企業数150社を目指してまいります。”

 

つまりサポーターズとは、就活生を支援する企業なのです。おおまかに説明すると、学生を企業とマッチングさせることによって「支援金」を学生に払う、という今までになかった新しいシステムです。その事業の一環として、「イケメン人事の会」のような面白いイベントがあるということでした。私の周りにも、サポーターズの支援を受けて東京へ行くことにした、という友達が何人もいます。

 

まとめ

イケメン人事の会とは、「どうせ話を聞くならイケメンの人事がいい!」という女子就活生のために催された、新しい形の就活イベント。東京のvoyage groupオフィス内で2月6日に開催されました。

 

・参加者は女子就活生約25名と、IT企業人事の方9名(6社)。

・普通のイベントよりも距離が圧倒的に近いので、聞きたいことを聞くことが出来る。

・運営しているのはvoyage groupの連結会社である株式会社サポーターズ。

・「イケメン人事の会」の他にも、「美人事の会」や「人気企業OGにまとめて会える会」等、面白いイベントを多々行っている。

 

就職活動で、皆さんは「自分らしさ」を発揮できていますか?意外と、こういったイベントではありのままの姿を企業の方に見せることが出来たりします。探せば面白いイベントはまだまだあるはず。就職活動に行き詰ったら、こういったイベントに参加してみるのはいかがでしょうか?