複数から内定を頂いた人必見!内定辞退を申し出る方法


就職活動が本格化してきましたが、選考が早い企業でしたら既に内々定を頂いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。内定を複数頂けることは非常に嬉しいことですが、それと同時に、いくつかの企業に「内定辞退」を申し出なければなりません。そこで今回は、内定辞退の方法について私が調べたことをご紹介していきたいと思います。

 

ビジネス上のマナーとして

内定辞退

内定辞退の方法はいくつかありますが、メールよりも電話の方が良いですし、さらには電話より直接会った方が良いと言われているようです。直接伝えることによって、それだけ真摯に向き合って考えているのだということが分かりますしね。これらのようにメール、電話、直接会うなど様々な方法がありますが、まずは誠意をもって、なるべく早く内定辞退を申し出ることがビジネスマナーとして必要だそうです。

 

内定辞退の電話の掛け方

内定辞退 電話

面接などで企業に電話をかける時と同様、大学名、学部名、氏名を名乗り、採用担当の方をお願いしましょう。担当者が電話に出られたら、氏名等を名乗り、内定を辞退したい旨を伝えましょう。ここで「そうですか」と承諾してくれる企業もあれば、理由を聞いてくる企業もあるようです。その時には、「他社から内定を頂きました」と正直に伝える方が良いと思います。

 

おわび状を送る

内定辞退 お詫び状

電話で内定辞退を申し出た後に、おわび状を送付します。おわび状には特に決まった形式はないそうですが、本文にはお詫びとお礼をしっかり書きましょう。企業は、あなたのために時間とお金を費やして選考を行ってきました。そのお礼とお詫びをきちんと手紙に込めましょう。

 

まとめ

・ビジネス上のマナーとして、内定を辞退する際にはメールよりも電話、電話よりも直接会うことが良いとされているようです。しかし、電話で連絡を入れることが一般的だそう。

・内定辞退の電話を掛ける際は、内定を辞退したい旨を伝え、理由を尋ねられた際には「他社より内定を頂きました」と企業名は伝えずに、素直に答えるのが良いそうです。

・電話をかけた後、おわび状を送りますが、おわび状には決まった形式はありません。内々定を辞退するわけなので、そのお詫びと感謝の気持ちを手紙で伝えましょう。