Category Archives: 自己分析

就活では失敗談が必要!自分史を作る時に重要視するポイント


2015年卒の就職活動解禁から半年が経過しましたね。親しい友人の内定先が決定して、焦っている方もいらっしゃるかも知れません。私は私立大学生ですが、内定をもらってひと段落している友人が多いので、内定先が決まっていない人は焦る時期ではないかなと思います。しかし、就職活動で焦りは禁物です。私自身も4月下旬頃に焦りを感じ、志望業界を広げようか、総合職だけでなく一般職も見てみようかと思ったりしました。ですが、働く目的は何なのか、自分の夢は何なのかを振り返った時に、このまま進もう!と思い直した経験があります。不安を解消することは困難だと思いますが、他人は他人、自分とは違うのだと強い気持ちを持って就職活動を進めたいですね。

面接で「これまでの一生を振り返って下さい」と言われたら

私は、ある企業での面接で「これまでの一生を振り返って話して下さい」と言われたことがありました。この時、私は小学生、中学生、高校生、大学生の21年間での出来事をつらつらと話しました。結果から言うと、サイレントでした。(通知もなく落ちること) 私はこの企業が第一志望でしたので、とても落ち込みました。私は「これまでの人生を振り返って下さい」という質問の本質を理解していませんでした。企業が私の人生のなかで引き出したいのは「失敗」についてです。面接で自分の失敗談を長々と話す人っていないと思います。しかし、企業が本当に聞き出したいことは失敗談なのです。

失敗から何を学んだのか、何を得たのかが重要

企業は営利団体なので、当然ながら儲けられる(=成果を出せる)人を雇いたいと考えています。あなたには成果を出せる素質があるのかを見極めているのです。その素質を見極めるためには、あなたの行動パターンを知らなければなりません。行動パターンは、窮地に立たされた時にどのようなことを考え、どう行動するのかで計ることが出来ます。

大きな失敗をしてしまった時に、どのように考え、行動し、何を学んで、他人に感謝出来るのかが重要なポイントです。ハングリー精神を持って物事に取り組めるのか、どん欲さを持っているのかを企業は見ているようです。

私が自分史を作って思ったこと

私はノート1冊にこれまでの21年間での出来事を全てまとめました。中学生、高校生と毎日日記をつけていたので振り返るのは容易で、アルバムを見たり、友達や先生からのメッセージ・コメントなどを見たりしてまとめていきました。この時気付いたのは、本当にたくさんの人から励まされたり、褒められたり、叱られたりしながら成長してきたのだなということでした。私は自分史を作ることによって、家族や友達、先生、地域の方など多くの人のお陰で今の自分があるのだと気付くことが出来ました。(大学生の間に、これまでお世話になった人たちに会いに行く計画を立てる予定です) また、自分史をつくることは、将来にも役立ちます。自分の性格や価値観が分かるのはもちろん、何が好きで何が苦手ということも分かってきます。企業選びにも使えますし、将来もう一度自分の人生を振り返る時にも役立つツールとなるでしょう。

今回のまとめ

企業研究

面接で「これまでの一生を振り返って下さい」と言われたら

私は過去2回、面接で「これまでの一生を振り返って下さい」と言われたことがあります。この2社とも、見られていたのは失敗に対してどう向き合うかという点だと思います。(そのうちの1社では、失敗経験を聞いていると言われました)人間は過去に失敗したことを他人に話さない傾向にあるので、案外忘れてしまっていたり、失敗談を話すことを躊躇してしまったりしますが、どんどん失敗話を出していけば、面接官がその点を深堀してくれると思います。

失敗から何を学んだのか、何を得たのかが重要

ただ単に失敗して投げ出したのでは意味がありません。失敗したことに対してどのように考え、行動したのかが重要です。企業はあなたの行動パターンを見ているので、諦めずにタフに取り組んだということをアピールするべきだと思います。ハングリー精神を持って、どん欲に向き合う姿勢を見せましょう。

自分史を作ることの重要性

自分史を作成することによって、自分の過去の行動はもちろん、好きなことや苦手なこと、得意なこと、物事の考え方などが深く見えてきます。それは企業選びにも使えますし、業界・職種などを選ぶ際にも役立つと思います。さらにそれだけでなく、自分史は将来、改めて振り返る時にも使えるツールとなるはずです。今自分史を作っておけば、社会人になってから、「あの時はどう考えていたっけ?」と振り返る時に、役立つと思います。

まだまだ就職戦線まっただ中の方は、ぜひ一度自分史作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。


大学3年生の夏をどう過ごす?内定GETのためにやるべき6つの事項


2016年卒の学生は来年の4月から就職活動がスタートしますよね。遊ぶ時間が長くなった!と喜んでいる3回生の人も多いと思いますが、それは大きな間違いです。4回生の4月から就職活動がスタートするということは、その分デキる学生とデキない学生の差が開いてしまうのです。今から就活のことを考えている学生は、「夏にはインターン、海外、冬にはボランティア…」など就職活動までにやるべきタスクを明確にしています。しかし、そうでない学生は、「遊ぶ!バイト!遊ぶ!」程度にしか考えていないため、両者の差がどんどん開き、遊び呆けていた学生は就職活動が始まってから困ることになります。

今回はそのような状況を防ぐために、大学3回生の夏休みの過ごし方についてお話したいと思います。3回生の学生はぜひ参考にしてみて下さい。

 

サマーインターンシップに参加する

・・・と言ったものの、私はサマーインターンシップに参加したことはありません。私は長期インターンシップをしていましたので、夏休みの2ヶ月間もWebマーケティング会社でインターンをしていました。そんな私が言えることは、サマーインターンは就業体験です。実際にプロジェクトを任されることは少ないですよね。今や1dayインターンなどもありますので、サマーインターンには業務的な期待はしない方が良いのではないかと思います。

ですが、興味のある業種や業界のサマーインターンにはぜひ参加しておくことをオススメします。社員の方とも知り合いになれますし、実際に働いている姿を見ることによって、本当に自分がやりたい仕事なのかどうかを見定めることが出来ると思います。興味のある業界のインターンにいくつか(行けるだけ)参加しておいて損はないと思います。

 

思い切って海外に行く

私は3回生の夏休みにスペインとフランスに行きました。海外旅行がなぜ良いのかというと、これまでの環境と違う環境で過ごすことが出来るからです。海外となれば言葉も習慣も文化もあらゆることが違います。異文化に触れ、日本を俯瞰的に見ることが出来れば、視野も広がり就職活動にも良い影響を与えるのではないかと思います。また、就職すると簡単に海外に行けなくなりますので、学生のうちに海外旅行に行っておいた方が良いと思います。面接官にも「学生の間にやっておくべきことってありますか?」と尋ねると、たいていの面接官は「海外は行っておいた方が良いよ」とおっしゃられます。

 

お金を貯めるためにアルバイトをする

これは当たり前かもしれませんが、就職活動をするとお金がかかります。私は関西に住んでいるので大阪を中心に就職活動をしていましたが、東京本社の会社の場合は、一次選考から東京で開催のこともありました。その場合、新幹線代や夜行バス代、宿泊費など実費です。時間的な制約もありましたが、洋服などを買わずに就職活動費に充てていました。就職活動ではお金を使いますので、それまでにある程度の貯金を作っておくことをオススメします。ただし、アルバイトをオススメするのは金銭的な面だけで、学生時代に重きを置くのはアルバイトではない方が良いと思います。(他の学生と差別化するため)

 

善意を持ってボランティアに参加する

夏のボランティアはよく募集がかかっているので見つけやすいと思います。ボランティアと言っても様々ありますが、私はどのようなボランティアでも、善意を持って取り組むことが出来ればとても価値のあることだと思います。しかし、ボランティアをしていたことを面接やエントリーシートのネタにするのではなく、困っている人を助けたいという想いを持って取り組むべきです。

 

自分をより深く知るために自己分析をする

就職活動で必須なのが自己分析です。自分を知るって案外難しいんですよね。私もとても苦労しました。私はある企業の最終面接に落ちた時に、自分に足りないことは自己分析だと思い、ノート1冊出してきて自分史を作ったのですが、自分史を作成するのは非常にオススメです。これまでの日記やアルバム、ビデオなどを見て「この時何を思っていたのか」「何を考えて、どう行動していたのか」を分析していきます。自分の記憶だけでは曖昧な場合は両親や兄弟に尋ねながら作成すれば良いと思います。また、友達から他己分析をしてもらうとより客観的に自分を見つめ直すことが出来るのでぜひ参考にして下さい。

いきなり自分史を作るのは難しいかも知れませんので、診断ツールを活用してみるのも良いかも知れませんね。

 

友達を大切にして繋がりを作っておく

就職活動では情報も必要ですし、モチベーションを高め合える仲間も必要です。類は友を呼ぶと言う言葉があるように、意識が高い学生と仲良くしておけば、自分もいつの間にか意識の高い系学生になっていたりするものです。就職活動が始まるまでに、就活を共に戦う仲間を作っておきましょう。

 

今回のまとめ

大学3年生の方は、今年の夏休みに頑張ることが決まったでしょうか。3年生のこの時期に何に取り組むかによって人生が変わるかも知れません。私自身も長期インターンシップを通じて働くことに対する考え方や価値観が変わりました。小さなことでも良いので何か見つけられると良いですね。

大学3年生が夏休みにやるべき6つのこと

サマーインターンシップに参加する
思い切って海外に行く
お金を貯めるためにアルバイトをする
善意を持ってボランティアに参加する
自分をより深く知るために自己分析をする
友達を大切にして繋がりを作っておく

大学生活を充実させる|今日からできる3つの実践法


4月に突入し、就職活動も本格的になってきましたが、新入生や大学2回生、3回生は、就職活動をどのように捉えているのでしょうか?私は就職活動に不安を感じていたものの、「どうにかなる」と心のどこかで思っていました。しかし、実際に就職活動が解禁すると、お祈りメールが届くたびに、「本当に私は就職出来るのだろうか」と思うこともあります。(現在も就職活動中なので、不安と戦っていますが・・・)

就職活動をこれから経験する大学生の方は、よりスムーズに選考が進めば良いなと思います。しかし、スムーズに進むためには何をすれば良いのか分からない人も多いはずです。そんな方々のために、今日は、「大学生活を充実したものにするための3つの方法」をお話したいと思います。私も行ってきたことなので、参考にして頂ければ幸いです。

 

価値観の違う人とコミュニケーションをとる

クラスの留学生でも構いませんし、語学の先生、アルバイト先の店長や社員の方、学外のボランティアに参加するなど、普段あまり接点のない人と話すことで、様々な視点に気付くことが出来ますし、視野が広がります。私自身の経験としては、海外へ行ったり(10~30日程度)、地域のボランティアに参加しました。これらの経験は、私の世界を広げてくれましたし、海外目線から俯瞰して日本を見ることで、違った観点から物事を捉えることが出来るようになりました。

 

日頃の生活に変化をつけてみる

ちょっとしたことで良いのです。通学ルートを変えてみたり、行ったことのない場所を訪れたり、新しい趣味を開拓したり。これまでは見なかったジャンルの映画を見てみるのも良いと思います。日頃と少し違った変化をつけることによって、好奇心も生まれると思いますし、新しいことにどんどんチャレンジ出来るようになると思います。

 

目標や目的を持って行動する

目標・目的を持って行動することは非常に重要です。今やっている作業は何のためにやっているのか分からなければ意味がありません。会社にもビジョンやありたい姿があり、その共通の目標に向かって、従業員一同がコミットしようとするから企業が成長していくのだと思います。ですので、どんなに小さなことでも目的意識を持って取り組むべきだと思います。

 

まとめ

今回は大学生活を充実したものにするための方法についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

価値観の違う人とコミュニケーションをとる

・クラスの留学生と話す

・外国語の先生と話す

・アルバイト先の店長・社員と話す

・学外のボランティアに参加する

日頃の生活に変化をつけてみる

・通学ルートを変えてみる

・行ったことのない場所を訪れる

・新しい趣味を開拓する

・見たことのないジャンルの映画を見る

目標や目的を持って行動する

今行っている作業の目的を捉えることが重要。

日頃から小さなことでも目的意識を持って取り組むべき。

 

就職活動に自信がない人はもちろん、もっと大学生活を豊かで充実したものにしたいと考えている方は、どれか一つでも明日からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?