大学生活を充実させる|今日からできる3つの実践法


4月に突入し、就職活動も本格的になってきましたが、新入生や大学2回生、3回生は、就職活動をどのように捉えているのでしょうか?私は就職活動に不安を感じていたものの、「どうにかなる」と心のどこかで思っていました。しかし、実際に就職活動が解禁すると、お祈りメールが届くたびに、「本当に私は就職出来るのだろうか」と思うこともあります。(現在も就職活動中なので、不安と戦っていますが・・・)

就職活動をこれから経験する大学生の方は、よりスムーズに選考が進めば良いなと思います。しかし、スムーズに進むためには何をすれば良いのか分からない人も多いはずです。そんな方々のために、今日は、「大学生活を充実したものにするための3つの方法」をお話したいと思います。私も行ってきたことなので、参考にして頂ければ幸いです。

 

価値観の違う人とコミュニケーションをとる

クラスの留学生でも構いませんし、語学の先生、アルバイト先の店長や社員の方、学外のボランティアに参加するなど、普段あまり接点のない人と話すことで、様々な視点に気付くことが出来ますし、視野が広がります。私自身の経験としては、海外へ行ったり(10~30日程度)、地域のボランティアに参加しました。これらの経験は、私の世界を広げてくれましたし、海外目線から俯瞰して日本を見ることで、違った観点から物事を捉えることが出来るようになりました。

 

日頃の生活に変化をつけてみる

ちょっとしたことで良いのです。通学ルートを変えてみたり、行ったことのない場所を訪れたり、新しい趣味を開拓したり。これまでは見なかったジャンルの映画を見てみるのも良いと思います。日頃と少し違った変化をつけることによって、好奇心も生まれると思いますし、新しいことにどんどんチャレンジ出来るようになると思います。

 

目標や目的を持って行動する

目標・目的を持って行動することは非常に重要です。今やっている作業は何のためにやっているのか分からなければ意味がありません。会社にもビジョンやありたい姿があり、その共通の目標に向かって、従業員一同がコミットしようとするから企業が成長していくのだと思います。ですので、どんなに小さなことでも目的意識を持って取り組むべきだと思います。

 

まとめ

今回は大学生活を充実したものにするための方法についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

価値観の違う人とコミュニケーションをとる

・クラスの留学生と話す

・外国語の先生と話す

・アルバイト先の店長・社員と話す

・学外のボランティアに参加する

日頃の生活に変化をつけてみる

・通学ルートを変えてみる

・行ったことのない場所を訪れる

・新しい趣味を開拓する

・見たことのないジャンルの映画を見る

目標や目的を持って行動する

今行っている作業の目的を捉えることが重要。

日頃から小さなことでも目的意識を持って取り組むべき。

 

就職活動に自信がない人はもちろん、もっと大学生活を豊かで充実したものにしたいと考えている方は、どれか一つでも明日からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?